毎年、おせち料理を作るぞと意気込んでいるものの。

おせち料理というと、1月1日から3日間は主婦を休ませようとする粋な風習です。しかし、そのおせち料理を作るためには、年末の忙しい時期にものすごい頑張らないとならないという制約も。そのため、毎年、おせち料理を作ろうと思いつつやめてしまうのです。

デパートやスーパーで買えばいいし、実際、買っています。でも、なんとなく後ろめたい。もしかして、それはおせち料理を作るのは日本の主婦の務めだと思っているかもしれません。

おせち料理は、せっかくなので古来のやり方で作りたいと思っています。黒豆だったら釘を入れたいし、こんぶはちゃんと巻きたい。伊達巻は、伊達巻用の調理器具を使って巻いてみたい、などなど。

そして、11月も半ばになると発売される料理雑誌や婦人雑誌には、「今年こそおせちを作ろう」などという特集が必ず組まれます。これを必ず買う事で、自分を奮い立たせています。

が、作り方を見ると、本当に大変そうで。あまり料理が上手ではない私には、ちょっとハードルが高いようです。

でも、いっぺんに作ろうと思うのでイヤになるのかも?1つの年に1つずつ作るようにしていけば、10年後には全種類作れるようなスキルが身に付いているはず!今年はチャレンジしてみようかしら。

まだ間に合うおせちは?
まだ間に合うおせち料理の申込みサイトはこちらでまとめられていますね。

Powered by: Wordpress